レーザー脱毛後の正しいアフターケアについて

レーザー脱毛をした後の肌は、外部からの刺激に弱くなっており、アフターケアが大切です。
まずは施術後の肌の熱を鎮め、清潔にすることを心がけます。
熱がこもっていると、抵抗力が落ち、毛穴に雑菌が侵入して赤みや痒み、さらには毛嚢炎といった症状が出たりします。
施術の後は保冷剤等で肌をよく冷やし、熱を鎮めます。
汗は雑菌が繁殖する原因となるので、シャワーで流します。
熱いお風呂は肌が温まるので避けます。
タオルは使わずに手で優しく洗います。
激しい運動や飲酒、サウナなど体温が上がることは避けます。
肌の乾燥は、汗や気温の変化で痒みが起こったりするため、化粧水などで保湿ケアすることも必要です。
また、日焼けにも気を付けます。
施術前だけでなく施術後も日焼けは禁物です。
施術後に日焼けすると、シミになったり色素沈着を起こしてしまうため、外出する際は日焼け止めクリームをしっかり塗り、日焼けをしないよう心がけます。